FC2ブログ

はじめまして

ミシン専門店 コットンスペースです。

秋田・岩手に店舗があり、ミシンの販売・修理を行っております。

全メーカー対応

シンガー、JUKI、ブラザー、ジャノメ、トヨタ、ベビーロック 他


今月の移動修理カーの日程はホームページにてご確認ください。


縫製機械整備技能士がいるお店。修理もおまかせください!

足踏みミシン~職業用ミシンまで、他店でご購入のミシンでも対応
いたします。

縫製機械整備技能士

 当社ホームページあります。ぜひご覧ください。

何十年も使っていないから壊れていると思うと…
修理依頼です。

動かしてみると縫えましたが…
やっと動いていると言う感じでした。
IMG_1627.jpg
ミシン内部は錆付き、グリスも変色していました。
針心棒クランク部など油が乾いた状態です。
IMG_1628.jpg
全体的な整備、グリスアップ、注油。
時間をかけ試し縫いし、油を馴染ませ修理完了です。
1_20120930150100.jpg
糸調整を整えてあげたことにより綺麗な縫い目となりました。
スポンサーサイト
5年程前に購入したが最近調子が悪いの見て欲しい。

2年前、メスの交換をしていたそうです。
スペアの部品はもう無いとのこと。
IMG_1634.jpg
部分分解し原因を調べてみました。
IMG_1636.jpg
直接の原因ではありませんが、内部より折れた針や
布地の切くず、ホコリが詰まっていました。
IMG_1637.jpg

内部の状態はグリスや油など乾いている部分も見受けられました。
全体をグリスアップ、注油整備。
IMG_1638.jpg

整備した事により、調子も良くなり動きも軽くなりました。
使用時の音も滑らかになりました。
色々調子が悪いと修理依頼です。
症状として糸が切れる、手元ランプが暗い、縫い目がつる、音が高いなど

針板はミシン針により、かなりキズが付いていましたので部品交換しました。
キズがあると糸が引っかかり目飛びや糸調整が合わない原因になります。
IMG_1590.jpg
糸道案内と名称が付いてます部品が、糸によりキズが付いていましたので部品交換しました。
キズがあると糸がスムーズに流れて行きません。
1_20120928164434.jpg
電球は煤けて暗くなっていましたので部品交換しました。
内釜は消耗し糸調整が難しくなっていたので、交換しました。
IMG_1592.jpg
製造中止になっているミシンで部品交換が出来ないタイプですが
弊社、部品在庫がありました。
お客様と相談した結果、気になる所は全て交換して欲しいとのお話でしたので
交換出来る部品のみ対応しました。
IMG_1588.jpg
全体整備、部品交換、注油、グリスアップにより修理完了。

かなり針を折りながら作業されていたようですが、今後は厚い所や段差になっている所など
針を折らないよう注意して縫うアドバイスをしてさしあげました。
40年以上前のミシン修理依頼です。

亡くなられたお母さんが大事にしていたミシンです。
使える様に出来ませんか?と修理依頼です。
IMG_1617.jpg
ハズミ車も全く回らず、原因を調べてみると、天秤クランクロットの中に
古い糸がギッチリ絡んでいてその固まった状態を無理に回した為…
2_20120927180454.jpg
ロットの上部にヒビが入り使えなくなっていました。
この部品は当時の鋳物で出来ていたので、ヒビは入っていますが、
薄い布地程度を縫うのには、何とか持ちこたえてくれそうです。
3_20120927180455.jpg

全体整備、グリスアップ、注油により縫える生地は限定されますが
作業できます。
IMG_1626.jpg
整備修理したことにより、動きも軽やかで滑らかな動きとなりました。
縫えないわけではないが調子が悪いと修理依頼です。

購入してから一度もメンテナンスを受けた事が無いそうでした。
1988年発売ミシン。各部を点検しながら部分分解。
IMG_1618.jpg
針板を外して見ますと、かなり糸くずや綿ボコリが見受けられました。
IMG_1621.jpg

IMG_1619.jpg
全体的整備、グリスアップ、注油、糸調整を整え修理完了です。
動きも軽やか、調子も良くなりました。
カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター