FC2ブログ

はじめまして

ミシン専門店 コットンスペースです。

秋田・岩手に店舗があり、ミシンの販売・修理を行っております。

全メーカー対応

シンガー、JUKI、ブラザー、ジャノメ、トヨタ、ベビーロック 他


今月の移動修理カーの日程はホームページにてご確認ください。


縫製機械整備技能士がいるお店。修理もおまかせください!

足踏みミシン~職業用ミシンまで、他店でご購入のミシンでも対応
いたします。

縫製機械整備技能士

 当社ホームページあります。ぜひご覧ください。

最近縫っていると、動きが重い
糸調整も気になるので見て欲しいと修理依頼。

部分分解し診断。
購入してから一度もメンテナンスを受けた事が無いとのお話しでした。
2_20130125164133.jpg
動きが重い原因の一つは天秤部に糸がらみがありました。
釜部の底には、糸やホコリなどが詰まっていました。
1_20130125173711.jpg
部分分解し、注油、グリスの入れ替え等整備。
全体的なクリーニングでとても綺麗になりました。
IMG_0461.jpg
作業音も静かで、滑らかな動きとなりました。
定期点検ご希望の方

最近メンテナンス及びオーバーホールを
していないのでとご依頼です。
1_20130128163638.jpg
分解して見ると、釜回りなどホコリや糸くずが見受けられました。
DSCF5533.jpg
下部芯棒シャフトのグリスは新しいグリスに入れ替える時期。
DSCF5534.jpg
糸切部などにも糸が絡んでいました。
全体内部整備、外観クリーニング済みです。
やはり整備後は動きも軽やかで、作業音も静かになりました。
キーキー音がするようになってきたら、突然縫えなくなったとのことで修理お預りしました。
診断してみると、全体的に油切れを起こして重くなってきているので、釜周りを点検してみるとタイミングが大きくずれていました。
お客様もミシンが重くなっていたと依然から感じていたみたいでしたので、早目に点検していれば注油程度で解決していたかもしれません。
DSCF5308_20130123163417.jpg
DSCF5311_20130123163417.jpg

キーキーなる音の原因は他のところにあり、駆動ベルトのテンションローラーのグリス切れが原因でした。
こちらは注油とグリースアップで解決です。
DSCF5312.jpg
DSCF5309.jpg
全体的に点検作業を行いクリーニングをして修理完了です。
DSCF5314.jpg
来店、修理依頼です。
下糸(ボビン)巻きが出来ない。内釜が浮くとの事。
IMG_0512.jpg
下糸巻故障はいつものケース。ゴムが溶けていました。
内釜は傷があり、ゴムと内釜の交換になりました。
IMG_0515.jpg
IMG_0514.jpg
IMG_0516_20130122174109.jpg
交換後、他に針棒の位置調整、クッションスプリング(内釜押え)の調整で完了です。
IMG_0520.jpg
上下の糸が、かみ合わないとの事で修理依頼です。
DSCF5525.jpg
針棒の軸のネジが弛み、針と釜のタイミングがずれていました。
針棒の固定と釜のタイミング合わせ、針糸通し機の調整をしました。
DSCF5526.jpg
使用頻度が少ないようで、他の異常はありませんでした。
DSCF5528.jpg
コンパクトタイプなので、よくある症状です。使用頻度が少ない為、動きが重いまま使用したか、固い素材を縫ったかと思われます。
DSCF5529.jpg
カテゴリ
最新記事
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
カウンター