FC2ブログ

はじめまして

ミシン専門店 コットンスペースです。

秋田・岩手に店舗があり、ミシンの販売・修理を行っております。

全メーカー対応

シンガー、JUKI、ブラザー、ジャノメ、トヨタ、ベビーロック 他


今月の移動修理カーの日程はホームページにてご確認ください。


縫製機械整備技能士がいるお店。修理もおまかせください!

足踏みミシン~職業用ミシンまで、他店でご購入のミシンでも対応
いたします。

縫製機械整備技能士

 当社ホームページあります。ぜひご覧ください。

10年以上メンテナンスをしないまま使っていたお客様からの修理依頼です。

DSCF5469.jpg
音がかなり高くなってきて糸調整も上と下が全く合わなくなってきたとのことでした。
全体的な整備でお預りし、古い油を取り除く作業から始めました。
DSCF5470.jpg
糸調整のスプリングも効かない状態になっていたので、部分的に分解をし不具合箇所を直していきます。
DSCF5471.jpg
DSCF5476.jpg
整備を進めていくと思った以上にいろいろな箇所が不具合がでてきていて、音が高い原因は1箇所ではありませんでした。
DSCF5478.jpg
順調に作業も進み、音もかなり静かになりました。見違えるようになったミシンを見てきっと喜んでいただけると思います。
DSCF5479.jpg
スポンサーサイト
ジャノメ電動改造ミシン。巡回修理カーに修理の持ち込みされたミシンです。
モーターは動くが針が上下しない。上糸がきつくて、すぐ切れるとの事。
IMG_0667_20130222160049.jpg
モーターベルトがすり減っていたので交換で動きは解決。
上糸調整ダイヤルの皿が押えレバーを上げても閉じたままで糸がきつい状態でした。皿を開く部品(ピン)を交換しました。
IMG_0670.jpg
お客様の依頼ではなかったのですが、キャビネットから外してポータブルに改造した後、ライト用の電源コードを無くされたようで、フットペダルの電源からライトが点くように改造致しました。
IMG_0674.jpg
他、警備、注油、糸調整で完了。ミシンの引き渡しで確認してもらったら、ライトが点く事を忘れていたようで喜んでもらえました。
古いミシンで部品も無い事が多いですが、ここまで直せるケースも多いです。
IMG_0676.jpg
以前から糸調子がうまく合わず、最近は針が頻繁に折れるようになり、修理依頼を受けました。
IMG_0694.jpg
何度も針を折ったらしくて、下ルーパーに傷・バリがついておりました。
まず、この研磨をし上ルーパー・下ルーパーともタイミングがかなりずれていたので全体的な整備をすることになりました。
IMG_0695.jpg
グリスも切れ、中がカラカラな状態です。
IMG_0697.jpg
お客様に伺ったところ、ご主人が機械に詳しいらしくいろいろいじっていたとおっしゃっておりました。
ミシンは精密機械なので微妙なタイミング調整などの専門知識が必要となりますので、機械に詳しいご主人でも難しかったと思います。タイミングが全部ずれていました。
IMG_0702.jpg
IMG_0703.jpg
直線専用押えを無くしてしまったので部品購入で来店された方のミシンです。

かなり使い込んでいるミシンでした。
メンテナンスなど整備したことが無いと…。
各部点検。
1_20121023163136.jpg
2_20121023163135.jpg
IMG_0138_20121023163135.jpg
IMG_0143.jpg
点検してみると、色々な部分に糸のからみがありました。
釜部下からは折れた針の先端が多数出てきました。
全体的に油、グリスが乾いた状態でしたので、補充整備。
IMG_0145.jpg
ベースはしっかりしているので、今回整備をしたことにより
まだまだ長く使用できると思います。
縫えないと修理依頼

診断してみると…
内釜がズレていて、縫えない状態でした。
内釜も針により傷が付いていました。
1_20121104175038.jpg
傷ついた内釜を修理してみましたが、糸が傷に引っかかってしまうので
新品交換になりました。
DSCF5134_20121104180017.jpg
DSCF5135_20121104180017.jpg

デニムの様な厚い生地を縫うのに、力のあるミシンですが
厚い生地を縫う時は、針目を大きくして縫う事をおススメします。
DSCF5147.jpg
カテゴリ
最新記事
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
カウンター