FC2ブログ

はじめまして

ミシン専門店 コットンスペースです。

秋田・岩手に店舗があり、ミシンの販売・修理を行っております。

全メーカー対応

シンガー、JUKI、ブラザー、ジャノメ、トヨタ、ベビーロック 他


今月の移動修理カーの日程はホームページにてご確認ください。


縫製機械整備技能士がいるお店。修理もおまかせください!

足踏みミシン~職業用ミシンまで、他店でご購入のミシンでも対応
いたします。

縫製機械整備技能士

 当社ホームページあります。ぜひご覧ください。

他県から分解整備依頼でお預かりいたしました2本糸ロックミシンです。
ご本人様は当店より3本ロックをご購入していただきまして、こちらの2本ロックをメンテナンスしてから知人に譲りたいという事でしたので、こちらの整備はサービスさせていただきました(^-^)
DSCF5990.jpg
外装を取り外し、中のグリスアップ・クリーニング作業から進めていきました。
DSCF5991.jpg
古いグリスを取り除き、新しいものと入れ替えながら同時にサビ取り修正も行います。
DSCF5993.jpg
特に部品交換が必要なくメンテナンスできそうです。
DSCF5989.jpg
針板ツメの傷・糸調子皿のサビ付きも修正して試し縫いを行います。
糸調整を合わせたのちに全体のクリーニングを行いました。
DSCF6005.jpg
きれいになって、友人のお手元に直接お送りいたしました(^-^)
スポンサーサイト
整備依頼

10年以上前は子供の服を作ったりと活躍してくれたミシンです。
昨日何年か振りに使用したら音も高くかなり調子が悪かったので
整備して欲しいとご依頼です。

分解してみると…
全体的に油やグリスが乾いた状態。また糸が絡んだり、糸くず、ホコリ等が詰まっていて整備が必要な状態でした。
2_20130530170842.jpg
1_20130530170840.jpg
全体整備で分解しグリスアップと注油。絡んだ糸やホコリを取り除きました。
整備後は馴らし運転に時間をかけ、ミシンが滑らかな動きを取り戻すまで
頑張りました。
DSCF6243.jpg
作業音も静かでとても良い状態に出来上がりました。
外観もクリーニングで見違えるほど綺麗に仕上がりました。
これからはお孫さんにお洋服を作ってあげたいとお話ししていました。
修理整備依頼


何年か使用していない時期があり、今度嫁いだ娘さんがミシンを必要としているのでキレイに整備して渡してあげたい。
使い方も教えて欲しとのご依頼です。
昔はよく使っていたけど…整備はした事は無いとのお話しでした。
2_20130521162647.jpg
1_20130521162646.jpg
部分分解してみると、かなりの糸クズや生地のホコリ等が詰まっていました。
古い油やグリスをキレイにふき取り、新しいグリスと油の注油。
お持込み時は作業音も高く、送り歯や針芯棒の動きも悪かったですが
整備をしたことにより、動きも滑らかになりました。
DSCF5912.jpg
今度使用される娘さんはミシンを使用するのは学生以来との事で…
使用説明を兼ねて、簡単なポーチを作りました。
初めての手作りに感激しこれから色々な作品を作りたいと話していました。

1987年製のジャノメ エクセル18の修理依頼です。
下糸巻が巻けなくなったのと、最近ギシギシ音がするようになってきたという症状です。
購入してから分解整備したことがないらしく、全体整備でお預かりいたしました。
IMG_1060.jpg
下糸巻軸は油切れによるサビつきとゴムの劣化によって、回らなくなっておりました。
IMG_1061.jpg
針板を外して見ると、折れた針・綿ゴミ等が詰まった状態でしたので、掃除しながら整備していきます。
IMG_1062_20130520134113.jpg
下周りも同様、古いグリースを取り除き、注油とグリスアップ作業を行います。
IMG_1068_20130520134115.jpg
クリーニングする前に試し運転したところ、音もかなり静かになり、スムーズに動いてくれておりますので、外装もピカピカにしていきます。
IMG_1069.jpg
長年のゴミと折れた針です。
普段、調子良く使っていても、このゴミは生地から出る生地クズですので、意外とたまっていることが多いです。
IMG_1071.jpg
クリーニング前と後を比べて見ると、こんなにもきれいになりました。
IMG_1073.jpg
こちらのお客様はきれいになったミシンに気づいてくれるでしょうか
(^-^)
キーキー音がするのと、薄地を縫うとしわがよるということで催事カーに来られたお客様のミシンです。
修理見積りは無料ですので、針板交換と分解整備でお話しをしまして、ご依頼いただきました。
IMG_0549.jpg
下周りと外装カバーを取り外して見ると、ほこりと折れた針がでてきました。
IMG_0548.jpg
外装カバーを取り外しながら各部点検をしていきます。
IMG_0551_20130517170314.jpg
キーキー音がなる原因は駆動ベルト・テンションローラー内部のグリースが固まっており、油切れにより音がでていた様です。
この部分を修正し、全体調整に入ります。
IMG_0553.jpg
針板にもかなりの傷と陥没が見られましたので、針板交換を致しました。
薄い布を縫うとしわがよる原因は針板の陥没でした。
今回の交換部品は針板のみでOKでした。

全体的なクリーニングをサービスさせて頂き、催事カーにお客様が引取に来られるのを待っているフィットライン6700です。
カテゴリ
最新記事
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カウンター