FC2ブログ

はじめまして

ミシン専門店 コットンスペースです。

秋田・岩手に店舗があり、ミシンの販売・修理を行っております。

全メーカー対応

シンガー、JUKI、ブラザー、ジャノメ、トヨタ、ベビーロック 他


今月の移動修理カーの日程はホームページにてご確認ください。


縫製機械整備技能士がいるお店。修理もおまかせください!

足踏みミシン~職業用ミシンまで、他店でご購入のミシンでも対応
いたします。

縫製機械整備技能士

 当社ホームページあります。ぜひご覧ください。

長年愛着を持って使用していたロックミシンですが、2年ぶりに動かしているうちに動かなくなったという事で修理のご依頼です。
1_20130622171024.jpg
全体的に汚れも目立ち、メンテナンスは一度も行った事がないとおっしゃっていましたので、動かない原因をチェックしながら同時に掃除もしていきました。
2_20130622171026.jpg
原因は上ルーパー軸の焼き付けでした。
油切れのまま急に動かしたために焼き付けを起こしたようです

3_20130622171027.jpg
焼き付けが原因で上ルーパー軸土台もガタがでていましたので、こちらも修正していきます。
4_20130622171028.jpg
DSCF6358.jpg
DSCF6365.jpg
状態がひどかったので、買い替えのご相談もいただきましたが思い入れのあるミシンと伺っていましたので、修理をお勧めし、出来る限りの整備とクリーニングを行いました。
見違えるようにきれいになったご自分のミシンを見てきっと喜んでいただけることと思います(^-^)
スポンサーサイト
県内からの修理依頼です。

実家のお母さまが使っていたミシンを借りて来たが
何だか調子が悪いと…お母様に聞いたら、何年か前から
調子が悪かったと言われた。
急ぎで使いたいのでと修理のご依頼です。
1_20130616103002.jpg
修理分解をしていくと、かなりの綿ホコリや糸くず、折れた針等詰まっていました。
2_20130616103004.jpg
内部をエアーで綺麗にし修理作業
糸目がグチャグチャになる原因は、上糸調整部に原因がありました。
正常な状態に戻し、修理完了です。
DSCF6236.jpg
DSCF6234.jpg
ミシン内部全体の整備注油作業と、古く固まっているグリスを取り除き新しい
グリスの入れ替え。外観を綺麗にクリーニングし完了です。
リッカーミシンは部品交換が難しいので、大事に使用して頂きたいと思います。


娘さんに当店で新しいミシンを購入して頂き、今迄自分が使っていたミシンが調子悪いので整備して欲しいとお預かりいたしました。
DSCF6334.jpg
ジャノメのコンビは2本糸ロックミシンと直線ミシンが合体した画期的なミシンでしたね。
全体的なサビつき・ほこりたまり・グリスの劣化が見られましたので、整備全般を行います。
DSCF6335.jpg
長年の使用により、厚いものも縫っていたらしく針板の傷・釜のガタが見られましたが、研磨と調整によって修正いたしました。
DSCF6336.jpg
ロックのクランクロッドも完全にグリスが乾いた状態で、動きが鈍くなっておりました。
DSCF6337.jpg
ルーパーのサビ付きも修正しロック部分も復活です。
DSCF6338.jpg
全体的なクリーニングも行い、新しいミシンの納入時にこちらのミシンもお渡しできます。
整備費用はサービスさせていただきました(^-^)
DSCF6340.jpg
北海道からの修理依頼です

針を折ってしまい、針を取り換えようとしたら中に入ってしまった。
自分でとれないのでそのまま使用していたが…
最近変な音がして壊れそうなので慌てて修理出来る当店を選んで頂きました。
針板を外し、釜部点検しました。
お話しの通り針が中に入っていました。
1_20130614142515.jpg
各部を点検してみますと、糸道案内部に糸絡みも見受けられました。
2_20130614142517.jpg
ミシンを購入して4~5年
お掃除やお手入れなどした事がなかったそうです。
3_20130614135203.jpg
釜部のお手入れの仕方と針を取り換える時の注意点など教えてあげました。
DSCF6322_20130614135251.jpg
内部、注油とグリスの入れ替えなど整備済みです。
外観、クリーニングサービス済みでとても綺麗になりました。
他県からの修理依頼でお預りしました。
メールでのやり取りの後、直接電話にてお話しさせて頂きありがとうございました。
段差のある硬いものをかなり縫っていたらしく、他店で何度か針板交換はしてもらっていたらしいのですが、縫っているとガタガタ音が大きく、また、ぶつかるということでご相談いただきました。
根本的な原因を確認するために、外装カバーを取り外し原因を確認していきます。
1_20130611150457.jpg
針がぶつかって陥没している針板です。
2_20130611150458.jpg
何度も針を折ったり、段差縫いで機械に負担がかかっていたために、針棒の前後グラつきがみられました。
3_20130611150500.jpgt="233" />
原因は針棒ガイドと針棒の間に衝撃による隙間が出来てしまい、この部品を交換しないと根本は直らないという事が確認できました。
4_20130611150501.jpg
針棒クランクロッドも熱のために固着して動きが渋い状態でしたので、この部品も交換して修理します。
5_20130611150502.jpg
根本の原因がはっきりしましたので、部品を交換・組み付けしながら各部調節・グリスアップ・メンテナンス一式を行いました。
DSCF6310.jpg
修理完成したAPC9700。音も静かになり針棒のグラつきは解消されました。
外装カバーのクリーニングを行い、綺麗になった状態で本日発送致します。
カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター