FC2ブログ

はじめまして

ミシン専門店 コットンスペースです。

秋田・岩手に店舗があり、ミシンの販売・修理を行っております。

全メーカー対応

シンガー、JUKI、ブラザー、ジャノメ、トヨタ、ベビーロック 他


今月の移動修理カーの日程はホームページにてご確認ください。


縫製機械整備技能士がいるお店。修理もおまかせください!

足踏みミシン~職業用ミシンまで、他店でご購入のミシンでも対応
いたします。

縫製機械整備技能士

 当社ホームページあります。ぜひご覧ください。

ブラザーELUシリーズの釜軸焼き付け 修理です
このシリーズのミシンは 大手量販店でも取り扱っていて A33 A35 N37 A11 C35…等
取扱店のオリジナル商品も含めて パネルの色も豊富で、品番の種類もとても多いミシンです

IMG_0187_20140921110846421.jpg

ハズミ車を回しても 動かない時は ほとんどが釜軸に油が無い為
錆びついて動かなくなる 現象です

IMG_0188_201409211108474d0.jpg


IMG_0189_2014092111084868c.jpg

軸が錆びついている様子です
写真だけみると 簡単に軸が抜けた様に見えますが、固着が進むと
抜くのも時間がかかる場合もあります
IMG_0190_20140921110850b6e.jpg

軸を研磨して 注油 組み付け 釜タイミング調整を行い
縫いテスト 微調整で完了になります

同じ内容の修理ブログも他ページにありますので
詳しく見たい方は ブログ上 右の検索欄に ブラザー と入れて頂ければ探しやすいです
ので、参考にして下さい (^.^)

ブラザー ホームテーラースペシャル の整備依頼です
しばらく使っていないミシンですが 友人に譲りたいので整備お願いします
との事でした
DSCF7879.jpg

製造から23年経っておりますが まだまだ使えそうです
釜周りのグリスは 油分も無くなっていて 栗の様な状態になっておりました
DSCF7880.jpg

全てキレイに取り除き 新しいグリスと入れ替えしました

DSCF7883.jpg

クランクや ロット部分も同様に油切れ サビを取ってスムーズに動くように
メンテナンスします
DSCF7885.jpg

外装のクリーニングを行い 動作確認OKです
簡単にできる 『テトラポーチ』 の作り方です。

19.jpg

材料・使用ミシンについては テトラポーチの作り方(材料編) をご覧ください。


では、いよいよ作っていきます。

 キルティング地の中心にカラーコード(丸紐)とファスナーを写真のように配置します。
ファスナーは中表になるように、裏を上にして配置します。
1_201409101558163aa.jpg
※ この時カラーコードはぴったりくっつけて配置します。
※ ファスナーは開けた状態で紐の両端に中表に配置します。

 9番の『直線強化縫い(伸縮強化縫い)』を選択します。
ご自分のミシンに同じ模様があるかどうか確認してください。
2_20140910155818e11.jpg
もし、同じ縫い模様がない場合は、『直線縫い』で大丈夫です。
※ 針位置が変更できるミシンの場合、針位置が左ではなく中央にくる直線が理想です。

 ファスナーとカラーコード(丸紐)をしっかり縫いとめます。返し縫いは不要です。
3_20140910155820b6f.jpg
 先ほど選択した『直線強化縫い(伸縮強化縫い)』は直線縫いで 前進→バック→前進 と同じところを3回ずつ縫っていくので、普通に直線で縫うよりも丈夫に曲がらずきれいに縫うことができる便利な機能です(^_^)
 縫うときは布押えの右端とキルティングの右端を合わせるように縫っていくと、曲がらずに写真のような位置で縫えると思います。

ここまで出来ましたか?
ファスナーはちゃんと中表(裏が上)になっていますか?
ここで間違うと次の工程も間違ったまま進んでしまいますので、必ず確認してくださいね♪

続きはまた次回。。。
お問合せはブログもしくはHPのメールフォームよりお願いいたします。

障害者支援施設で使用しているロックミシン。ベビーロック糸取物語BL-25
整備、修理依頼です。
DSCF8036.jpg
縫い目のズレとエアー糸かけが上手くできない状態でした。
糸かけのエアーレバーにヒビが入っていたので新品部品と交換しました。
DSCF8038.jpg
使用頻度が多く、糸の通り道に布ボコリや糸の切れ端が詰まっていた為、糸調子が悪かったと思います。
DSCF8037.jpg
エアー糸通しのチューブからルーパーまで掃除して糸通しが通りやすくなりました。
DSCF8041.jpg
寄付で頂いたミシンだと思い、長く使える様にと整備させてもらいました。
こんにちわ。
今日は簡単な『テトラポーチ』(三角形のファスナーポーチ)の作り方をご紹介したいと思います♪

出来上がりはこんな形になります(^_^)
19.jpg

今回使用したミシンはJUKIのエクシードです。
00.jpg


まずは材料。
 キルティング地(18×10cm) 1枚
 ファスナー(フラットニットファスナー) 1本
 カラーコード(丸紐) 15cm
01.jpg


 ワンポイントメモ

 キルティング地がない場合は、ある程度厚みがあったり、しっかりした生地のほうがいいと思います。あまり薄いと仕上がりがヘラヘラになってしまいますので。

 ファスナーは100円ショップで売っている24cm×5本で100円のもので十分です(^_^)
長いファスナーを使う場合はカットできる『フラットニットファスナー』を選んでくださいね♪
ちなみに100円ショップのファスナーは『コイルファスナー』という名称で売られています(^_^)

以下のファスナーは使えないので、買うときは注意してください(^_^)
 金属ファスナー
 ビスロンファスナー(プラスチックのファスナー)
 オープンファスナー
 コンシールファスナー(使えないことは無いですが適さないです)

ファスナーにも種類や長さがいろいろあるので悩みますが、店員さんに何を作るのか伝えて、これで大丈夫ですか?と確認するのが一番!

 丸紐も100円ショップで売っていますし、チロリアンテープやリボンなどでも代用できます。
トーションレースを使うのもおしゃれですよ♪


と今日はここまで。
次回は作り方を紹介したいと思いますので、それまでに材料を準備してお待ちください(^_^)
カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別記事
カウンター