FC2ブログ

はじめまして

ミシン専門店 コットンスペースです。

秋田・岩手に店舗があり、ミシンの販売・修理を行っております。

全メーカー対応

シンガー、JUKI、ブラザー、ジャノメ、トヨタ、ベビーロック 他


今月の移動修理カーの日程はホームページにてご確認ください。


縫製機械整備技能士がいるお店。修理もおまかせください!

足踏みミシン~職業用ミシンまで、他店でご購入のミシンでも対応
いたします。

縫製機械整備技能士

 当社ホームページあります。ぜひご覧ください。

いよいよテトラポーチ完成までの工程です。

 『裁ち目』模様を選択します。
この模様は直線とジグザグを一緒に縫っていく縫い模様です。
布を2枚合わせて縫い合わせる時に便利な縫い模様です。
13.jpg

 布を中表になるように半分に折り、ファスナーと対面側に端ミシンをかけます。
14.jpg
端ミシンは布端ギリギリにかけず、少し内側にかけるとキレイに仕上がります。
15.jpg

 あまった縫い代はハサミで切り落とします。縫い目まで切らないように気をつけてくださいね♪
16.jpg

 ファスナーを2/3まで閉め(全部閉めずに1/3は開けておいてください)、ファスナーの中心と端ミシンをかけた中心を合わせて三角になるようにたたみます。
 縫い代を1~2cm残して端ミシンをかけます。このとき、金属ファスナーやビスロンファスナー(プラスチック)だと縫えないので気を付けて下さい。
 また、ファスナーの上を縫うときは、スピードをゆっくりにして針が折れないように気をつけてくださいね。ミシンによっては力がなくてファスナーの上を縫えない場合もあるので、心配な時は、はずみ車を手で回して針が刺さるかどうか確認してくださいね。
17.jpg

 あまった縫い代をハサミで切り落とします。
フラットニットファスナーだとハサミで切れますが、その他のファスナーだとハサミで切り落とせないので気を付けて下さいね♪
18.jpg

表に返したら完成です♪
19.jpg

いかがでしたでしょうか?
普通の布でサイズを大きくしてお子さんのパジャマ入れにしているお客様もいらっしゃいますし、おもちゃ入れにして自分でお片付けできるようにと使っているお母様もいらっっしゃいました(^_^)

サイズ等かえて、いろいろ作ってみてください♪

スポンサーサイト
来春、入園・入学を迎えるお子さんをお持ちのお母様方を応援すべく、
コットンスペースでは無料の絵本袋製作イベントを毎年開催しております。

今年度も秋田店・盛岡店での開催が決定しました!!
詳細はホームページをご覧ください。

絵本袋

託児サービスもありますので、お子さんを気にせずミシンに集中して出来上がった絵本バッグはそのままお持ち帰りいただけます(^_^)

先着順の受付で、毎年キャンセル待ちが出るほどの人気イベントとなっておりましたので、ホームページの詳細をご覧いただきお早めにお申し込みいただければと思います。
シンガー 9700SDX 分解整備のご依頼です

DSCF8187.jpg

糸調節が合わないのと 音が高くなってきた 重い感じがする等の症状です

DSCF8169.jpg

下糸巻きゴムも劣化によるひび割れがありましたので交換しました
この部品は数百円と安価ですので 分解修理の際はついでに出来ますので
ミシン屋さんに頼んだ方がいいです 

改めて頼むと ここまで分解しないと交換出来ません
DSCF8186.jpg

次に釜周りの掃除と整備を行いました
DSCF8173.jpg

糸調子の不具合は糸絡みが原因でした
送りローラーの軸が固着して動かなくなっておりましたので
ローラー部も分解して シャフト研磨とグリスアップも行いました

駆動ギヤの間に詰まった 古いグリスのクリーニングです
DSCF8191.jpg

はずみ車のクリーニング前と後です。 内部に入ってますので、結構汚れやすい部分です

外装カバーもクリーニング後 組み付けます

試し縫いを行い  分解整備+クリーニング完了です (*^^)v

続きを読む

ジューキベビーロック衣縫人5700の修理です。
DSCF8220.jpg
下糸ルーパーの糸通しが出来なくて3年ほど使っていないとの事。
糸かけを見る前に内部が固着していて注油、整備から始めました。
DSCF8221.jpg
糸かけ用エアーポンプと糸差し込み口の劣化、ひび割れは無かったので掃除で解決しました。
DSCF8228.jpg
交換は下メスと押え金で済みました。
DSCF8227.jpg
DSCF8231.jpg
brother M-4000の修理です

送り歯が前後に動かない=前に進まない という症状です
 

DSCF8209.jpg

最初はもっと簡単に考えてお預りしましたが 中のロット部品の軸が焼き付きを
おこしておりました・・・
ステッピングモーターという 送り歯を制御している部品まで外しての
修理になりました

DSCF8213.jpg

この軸を抜く為に 順番にプラスチック部品までバラバラに分解していきます
DSCF8212.jpg

○の部分が焼き付き軸です
幸い ステッピングモーターは故障していませんでした
DSCF8217.jpg

釜の軸も重くなってますので ここも分解修理しました
DSCF8219.jpg

全ての外装カバーを外しての 修理になりましたので パーツごとにクリーニングを
することが出来ました
カバーとカバーの溝の間も ピカピカです (*^^)v

試し縫いを行い 修理完了です!
カテゴリ
最新記事
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カウンター