FC2ブログ

はじめまして

ミシン専門店 コットンスペースです。

秋田・岩手に店舗があり、ミシンの販売・修理を行っております。

全メーカー対応

シンガー、JUKI、ブラザー、ジャノメ、トヨタ、ベビーロック 他


今月の移動修理カーの日程はホームページにてご確認ください。


縫製機械整備技能士がいるお店。修理もおまかせください!

足踏みミシン~職業用ミシンまで、他店でご購入のミシンでも対応
いたします。

縫製機械整備技能士

 当社ホームページあります。ぜひご覧ください。

シンガーコンピューターミシン 7800の修理です。
糸調子が合わない・ミシンの動きが重い症状です。

DSCF2713.jpg
自動糸調整器部分に糸が絡まっていて、それが原因で
糸調整が合わない状態でした。

1464337783135.jpg

下回りのグリースも古いままでしたので、クリーニング後に入れ替え
をさせて頂きました (^.^)
1464337824735.jpg

天秤クランクは油切れによる固着があり、ミシンの動きが重い原因は
油きれでした。
DSCF2714.jpg

特に大きな故障もなく 縫い調整とクリーニングを行い整備完了です (^^ゞ
スポンサーサイト
ブラザーの36年前のミシン整備です。個人的には名機の一台だと思います (^.^)
写真では見えにくいですが、全体的に汚れも目立ちます。

母の嫁入り道具でしたが譲り受けたので使いたいんです・・使えますか・と
ご来店されました!
こうなるとやる気スイッチががっちり入りました!!!

DSCF2657_20160530181904c84.jpg

動作確認をしてみました・・ギシギシ音がして ミシンの動きが重いせいか
中速縫いではスピードが安定しません。


DSCF2658_20160530181905bda.jpg
全体的に動きがしぶいので、一箇所づつ注油とクリーニング・グリスの入れ替え
をしながら作業を進めます。だいぶ軽くなってきたので
サビ取りとクリーニングを行いました。

DSCF2666_20160530181907d49.jpg
今回使ったのはこちら!ピカール  輝きが復活しました (^^ゞ
細かい汚れもコンプレッサーで飛ばしながら、ブラシでお掃除。

DSCF2672_20160530181908595.jpg
メッキ部分も 全て磨き 光らせましたよ~ (^^♪

もちろん縫いの方もきれいで、ギシギシキーキー鳴っていた音もなく
快適に使える様になりました。
お客様とのご対面が楽しみな コンパルエースです!!!
ジャノメ電動ミシン672
昨日、修理ブログにアップしたブラザー職業用と2台、関西地方から整備依頼で送って頂きました。
問合せでカム使用(ジグザグ・模様縫い)を希望されていましたが、内部のプラスティックのギアが割れ、取れていて再生不可能でした。
お客様と連絡を取り、直線縫いのみで使用する為の整備をする事になりました。
DSCF2621.jpg
全体の注油。
DSCF2622.jpg
釜軸のギアボックスのグリスが劣化。全部取り除き、グリスの入れ替え。(音が静かになり、動きも滑らかになりました。
はずみ車の注油・内部の磨き。モーターベルトの付け直し。
針板の針キズ取り。電球交換。
DSCF2625.jpg
DSCF2630.jpg
今回、2台とも部品の取り寄せが出来ない商品で部品交換無しでの整備になりました。(電球だけは変えました)
関西地方から遠い岩手県まで送って頂きありがとうございました。
DSCF2635.jpg
ブラザー職業用ミシンとジャノメ電動ミシン2台整備依頼です。
ブラザーミシンTA2-B623
動きが思い、「ギーギー」「ガリガリ」と異音がするとの事。
DSCF2636.jpg
全体の油切れでしたが、音が出ていたのは釜回りとモーターベルトのゴムの音でした。
釜を取り外し糸絡み取り・バリ取り・注油・釜のタイミング調整。
DSCF2637.jpg
はずみ車軸のバリ取り・注油・モーターベルトの位置調整。
DSCF2645.jpg
糸調整ダイヤルの固定位置がずれていて、皿が開かない状態でした。位置調整で解決。
ギアボックスのグリスチェック。
DSCF2649.jpg
全体の注油・クリーニング・試し縫いで完了です。
ジャノメ電動ミシンは明日、アップいたします。
DSCF2653.jpg
針が何かにぶつかって下りていかなくなった・・・と
修理ご来店です。

1463797533712.jpg
原因は内釜押さえがずれていた為に、内釜がずれてしまい
針がぶつかってしまう状態でした。

大きな故障ではありませんので、お客様が近くでお買い物の間に
不具合箇所の修理と、メンテナンスをすることで一旦お預かりしました。
1463797590312.jpg
完全に固着してしまっている古いグリスを取り除き
入れ替えを行いました。

1463797621798.jpg
ここまでは順調でしたが・・・ 動かしてみると
返し縫いができません・・・。このタイプに見られる症状ですが
返し縫いのロットの内部も油きれによる固着があり
上の○印部品を取り外して修理する必要がありました。

1463797651060.jpg
針板の傷も研磨で対応し、出来るだけ修理代が安くなるように作業しました。

1463797657692.jpg
変形と位置ズレしていた内釜押さえも適正に取り付け調整し
縫い目もキレイになりました!!

お客様のお迎え待ちです (^^♪
カテゴリ
最新記事
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カウンター