FC2ブログ

はじめまして

ミシン専門店 コットンスペースです。

秋田・岩手に店舗があり、ミシンの販売・修理を行っております。

全メーカー対応

シンガー、JUKI、ブラザー、ジャノメ、トヨタ、ベビーロック 他


今月の移動修理カーの日程はホームページにてご確認ください。


縫製機械整備技能士がいるお店。修理もおまかせください!

足踏みミシン~職業用ミシンまで、他店でご購入のミシンでも対応
いたします。

縫製機械整備技能士

 当社ホームページあります。ぜひご覧ください。

15年振りにミシンを動かしてみたら…動かないと修理依頼です。
製造中止で部品供給がストップしている機種の為、部品交換は出来ない事を了承して頂きお預り致しました。
電気系統は一部模様が出ない部分がありましたが、基本縫いは大丈夫でした。
内釜の磁石部分が取れていましたので、修理加工。
1_20160625193451d0c.jpg
2_2016062519345229b.jpg
内部は油、グリスが乾ききっていた状態でした。
3_20160625193453e2b.jpg
油、グリスアップ作業
DSCF3034.jpg
4_201606251935103b9.jpg
5_20160625193511d13.jpg
内部全体整備にて、動くようになりました。
馴らし運転にて縫込み、縫い目のバランス調整にて作業完了です。
外装などもクリーニングしたので、ピカピカになりました(*^_^*)
シンガーミシン フィットライン6700
ホームページの修理ブログを見ての依頼です。同じ機種・同じ内容で動きが急に重くなったとの事。
DSCF2822.jpg
DSCF2821.jpg
下の写真の赤い丸の部分、天びんクランクの焼き付け。新品部品と交換です。
DSCF2823.jpg
釜のぐらつきも同機種で多いです。締め付けで解決。
DSCF2827.jpg
針糸通し機はフックが曲がっていただけだったので調整で解決。
今まで他社で油差しで対応していたようです。今回3回目で、また動きが重くなり、当店の修理方法を見ての依頼でした。
ありがとうございました。
DSCF2830.jpg
使っている途中で 針が付いている棒がグラグラして縫えません・・・
と 修理ご来店です。

DSCF2957.jpg
ブラザーミシンコンパクトタイプは針棒固定ネジも土台も小さく出来ていますので
どうしても緩んだり、場合によっては破損しますので
固い布や、厚地縫いするときには注意が必要です。

DSCF2960.jpg

釜回りや内部も掃除とメンテナンスを行いました。

DSCF2963.jpg

糸立棒も劣化によりひび割れがありましたので、新品部品と
交換しました。交換するには外装カバーを全て外しての作業になります。

DSCF2965.jpg

ネジ固定後、ベルトテンション調整と釜タイミング調整を行い試し縫いです。

ELUシリーズでの厚地縫い、段差縫いは故障の原因にもつながりますので
縫い見本を付けましたが、キルト生地の厚地縫いは
面倒でも生地1枚づつジグザグ縫いをしてから、直線縫いで合わせ縫いをしたほうが良いです(^.^)
他県から 修理ご依頼の 1981年製 ジャノメエクセル20です。
お母さんから譲られたミシンで、20年ほど全く使ってなかったとの事でした!

不具合箇所はもちろん 全体的なメンテナンスで作業を進めます (^^ゞ
今回の修理ブログは ご依頼頂いたお客様への使用説明も兼ねておりましたので
少し文章が長めになります。

DSCF2967.jpg
ご使用糸も 古く切れやすいので シャぺスパン60番で調整します。
付いていたボビンも プラスチックが薄く、バリもありましたので
新しいボビンで調整することにしました。

各部 古いグリスがキャラメルのようになり、部品同しがくっついて
動かない状態でした。

DSCF2973.jpg
こちらのタイプに見られる症状ですが、返し縫いロットが左右にスムーズに
動かない状態です。 今回はクリーニング・研磨剤・油・クリーニング を交互に繰り返して
スムーズに動くように調整しました。


内部のカムも同様にクリーニングと注油・調整を行いました。
DSCF2974.jpg

お預り時の縫い目です。
修正して右側の様になりましたが(裏側)、まだ調整・修理が必要です。
DSCF2985.jpg
糸調整ダイヤルも固着しておりました。押さえ金を上げた時も皿が
開かない状態でした。

上糸をかけるときは写真のように 糸の両端を持って 皿の奥まで
しっかり糸を入れて下さい。
糸調整ダイヤル部分に板がありますが 板の右側に糸を通す方が
スムーズです。
DSCF3003.jpg
外装もミシンカバーもクリーニングをしました。
釜部分から大きな音が ガラガラ しておりましたが修理後は
かなり静かになり、縫い目も正常になりました。

本日発送しますので、到着まで少しお待ち下さい。ありがとうございました (^^ゞ

◎ 補足説明です
時々ジグザグ・他のボタン等 交互に押して切り替えて下さい。
ボタンを強く押しても ロックしない時には
右側のダイヤルを 数字から下に回して ◎印に合わせると解除しますので
ボタンを押す・解除する を 繰り返してみて下さい。
しばらく動かさないと 固着する場合があります。
DSCF2979.jpg

巡回修理カーに針が針板にぶつかって針が折れ縫えないと修理依頼です。
診断してみると、やはり針板に針がぶつかり縫えない状態でした(-_-;)
針軸の心棒を適正な位置に戻し修理完了です。
内部も未整備でしたので、油、グリスup整備作業を進めました。
image7.png
DSCF2996.jpg
1_20160621172327480.jpg
DSCF2998.jpg
DSCF3002.jpg
お客様は学生の時自分で購入したそうです。
思い入れがあるので、直して欲しいとのお話でした。部品交換が無かったので修理出来ました(*^_^*)
20年以上前のミシンは内部のギヤ回りとかのプラスチック部分が劣化で割れてくるので、大事に使用して欲しいです♪
カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別記事
カウンター