FC2ブログ

はじめまして

ミシン専門店 コットンスペースです。

秋田・岩手に店舗があり、ミシンの販売・修理を行っております。

全メーカー対応

シンガー、JUKI、ブラザー、ジャノメ、トヨタ、ベビーロック 他


今月の移動修理カーの日程はホームページにてご確認ください。


縫製機械整備技能士がいるお店。修理もおまかせください!

足踏みミシン~職業用ミシンまで、他店でご購入のミシンでも対応
いたします。

縫製機械整備技能士

 当社ホームページあります。ぜひご覧ください。

テトラポーチの作り方

簡単にできる 『テトラポーチ』 の作り方です。

19.jpg

材料・使用ミシンについては テトラポーチの作り方(材料編) をご覧ください。


では、いよいよ作っていきます。

 キルティング地の中心にカラーコード(丸紐)とファスナーを写真のように配置します。
ファスナーは中表になるように、裏を上にして配置します。
1_201409101558163aa.jpg
※ この時カラーコードはぴったりくっつけて配置します。
※ ファスナーは開けた状態で紐の両端に中表に配置します。

 9番の『直線強化縫い(伸縮強化縫い)』を選択します。
ご自分のミシンに同じ模様があるかどうか確認してください。
2_20140910155818e11.jpg
もし、同じ縫い模様がない場合は、『直線縫い』で大丈夫です。
※ 針位置が変更できるミシンの場合、針位置が左ではなく中央にくる直線が理想です。

 ファスナーとカラーコード(丸紐)をしっかり縫いとめます。返し縫いは不要です。
3_20140910155820b6f.jpg
 先ほど選択した『直線強化縫い(伸縮強化縫い)』は直線縫いで 前進→バック→前進 と同じところを3回ずつ縫っていくので、普通に直線で縫うよりも丈夫に曲がらずきれいに縫うことができる便利な機能です(^_^)
 縫うときは布押えの右端とキルティングの右端を合わせるように縫っていくと、曲がらずに写真のような位置で縫えると思います。

ここまで出来ましたか?
ファスナーはちゃんと中表(裏が上)になっていますか?
ここで間違うと次の工程も間違ったまま進んでしまいますので、必ず確認してくださいね♪

続きはまた次回。。。
お問合せはブログもしくはHPのメールフォームよりお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ
最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
カウンター